HOME>アーカイブ>埼玉の貸切観光バスの予約申し込の手順とは

貸切観光バスで旅行するときに準備するもの

埼玉の貸切観光バスでの旅行の準備としては、雨具や酔い止めの薬ぐらいで、特別なものを用意する必要はありません。

貸切観光バスを予約する手順

気になるバス会社をいくつか選ぶ

ネットで検索して良さそうなバス会社をいくつか選びます。

見積もりを取り寄せて比較する

いくつかのバス会社の見積もりを取り寄せ、価格を比較します。

予約申し込みの連絡を入れる

比較して決めたバス会社にメールもしくは電話で予約申し込みの連絡を入れます。

予約完了の連絡がある

申込んだ後はバス会社から予約完了の連絡が入ります。

前日に確認の連絡がある

予約が完了した後も、利用日の前日に事前確認があり、ドライバーの名前や連絡先を受け取り当日の最終確認をします。

費用計算には二種類がある

バス

埼玉県内で観光バスを利用したいと考えた時には、最寄りのバス会社へ連絡入れることになります。申し込み者の氏名、住所、電話番号、そして利用日時と目的地、利用する人数など、利用することに関する必要なことの確認があり、その後費用が決まることになります。観光バスの運賃は二通り考えられ、一つ目はバス会社の車庫を出た時から計算が始まり、仕事が終わった後に車庫までかかった走行距離に、1キロ当たりの運賃を乗せた「キロ制運賃」があります。二つ目は運行開始から運行終了の時間、更に運行前に行う点検等に要する時間に時間当たりの運賃を乗せた「時間制運賃」があり、どちらかの方法を選ぶことになります。

予約は早めで利用は平日が良い

バス

埼玉県内で観光バスを利用する時には、早めの予約が良い方法になります。特に観光シーズンになると利用者が多くなり、予約が取りづらくなる上に、費用も多くかかってしまうことも考えられます。そのため観光バス会社がすすめる利用方法は、オフシーズンと言われる旅行する機会の少ない時期です。高速道路を含め一般道も比較的空いていたりするため、予定通りの運行が出来やすくなることがあります。また、ホテルなどの宿泊も取りやすいと言うことが考えられます。

バスにも種類がある

バス外観

埼玉県内にある観光バス会社を利用する時には、バスにもいろいろなタイプがあると知りましょう。オーソドックスな形となるのが大型観光バスで、定員が53名、60名の二種類が一般的です。また人数が少なくなると、中型観光バスや小型観光バスになり、20名から40名程度の利用には最適になります。更にもっと少ない人数の時には、マイクロバスなどの利用も考えられます。